必須知識!アメリカの病院の種類と風邪の時の対処方

こんにちは、Betaです。

本日の記事では、アメリカの病院の種類と、風邪を引いた時に実際の対応について紹介しようと思っています。 アメリカに住むんでいると、病気になったり、怪我したりして病院に行く事もあると思います。しかしながら、アメリカの医療制度は日本と異なり色々と複雑です

今回の記事を読めば、最低限のルールはわかると思いますので、皆様のアメリカ生活の参考にしてもらえればと思います。

アメリカの病院の種類

病院の種類 予約可否 医療費 医療例
Emergency Room Walk Through 超高額 胸の痛み、顔面蒼白、ひどいインフルエンザの症状(死に直面するレベルの時に使用する)
Urgent Care Walk Through 高額 軽い骨折、高熱、インフルエンザ、ひどい風邪(病状が酷い時に使用する)
Clinics NOT Walk Through 基準 疲れ、軽い風邪、喉の痛み(軽い症状の時に使用する)

*Walk Through=予約なしで入れる事を意味しています

*医療費については、Clinics(一般診療所)を基準にした対比としています(基準と言っても、日本に比べると高額です。診療$150、処方箋$100、薬代$50=Total$300等が普通にあります)

アメリカの医療保険とホームドクター制度について

日本であれば、どこの病院でも健康保険が適用されるので3割負担で受ける事ができますが、アメリカでは、このようなシステムは存在しません。自分が入っている保険会社と提携している病院にいかないと、高額な費用を請求されてしまいます

アメリカに住み始めた時に、保険会社のリストの中から自分の”ホームドクター”を選定する事が必死になります。まず健康な時に病院に行って、その”ホームドクター”(PCP:Primary Care Provider)に診てもらい体の健康状態をチェックしてもらいます。ちなみにですが、どんな怪我・病気であっても、まずは自分の選んだホームドクターに”最初に”診てもらわないといけないというのが基本のルールです

例外としては、”Emergency Room”や”Urgent Care”を使わないといけない場合であれば、ホームドクターに診てもらわずに、予約なしで診てもらう事ができます。 ただし、非常は非常に高額なので、自分の保険が適用できる病院か?調べて行かないといけません。

実際に風邪を引いた時はどうするのか?

アメリカ人に聞くと、風邪くらいでは病院に行く事は無いようです。 暖かい野菜スープ(チキンラーメン等)とオレンジジュースを飲んで、市販薬である風邪薬を飲んで治すのが一般的で、病院には滅多にいかないとの事です

私のおススメの風邪薬を紹介しておきます。VICKSの風邪薬です。どのGrocery Storeに行っても発見する事ができると思います。 DayQuilは日中に飲み、NyQuilが夜に飲む薬になります(NyQuilは、すごく眠くなるので間違えると大変です)。またカプセル型で、少しサイズが大きいですが飲みやすいです。

ちなみにですが、アメリカの病院で予約を取るのは結構難しいです。例えば高熱を出して、土曜日に電話して予約をお願いできますか?とホームドクターの診療所に電話すると、それなら、来週の水曜日の3時とかどうですか?と言ってくる事も普通にあるようです。(その間に治ってしまうのでは・・・)

また、私の知人でサソリに刺されて病院に行った人がいますが、予約して刺された数日後に病院に行き、”冷やしておくように!”と一言だけ言われて、$200支払った人もいます。病院の使いどころは日本の感覚とは全く異なるようです。

健康的な生活を送る事が重要というメッセージなのかもしれませんが・・・

皆様のお役に立つ情報が入っていますように。Beta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1987年生まれで、関東の方出身です。現在はアメリカで生活しています。 趣味は英語の勉強、ゴルフの練習(ベストスコア115・・・)、新しい物好きな普通の人です。何でもコツコツやる事と、分析する事が得意なので、皆様に役立つ記事を書く事に情熱を傾けています。