飲み会は殆ど無い(!)日本と米国の働き方の違いについて…

今回は、日本式働き方とアメリカ人式の働き方を対比しつつ紹介していきたいと思います。 

アメリカ人の働き方というと、どのようなイメージでしょうか? 定時に帰ってしまうや、長期間のVacationを取れて羨ましいと思われているかもしれません・・・全てYESです。 将来的には、日本もこういうスタイルに近づいていくかも(?)しれませんので、今回シェアさせていただき、今後に役立ててもらえれば・・・と思います。

Kenny
良いところもありますけど、大変な事もありますよ。いきなりクビになる事もありますからね・・・

日本の働き方と大きく違う所

フレキシブルなワーキングスタイル

まずタイムカードというものが存在しません。いつ出社して、いつ帰っているか?は上司が何となく把握している程度です。また、ちなみにランチのベルといった人を管理するような物も存在せず、勝手に11:00過ぎるとゾロゾロとどこかにランチに行き、13:00付近に帰ってくるという感じです。個人的には、このような状況では、サボったり、業務効率が低下したりするのでは?と思ってましたが、逆にリラックスして仕事をして生産性が上がっているように見えます。

なぜ?このようなワーキングスイルが実現されているのでしょうか? それは、自分のやるべき仕事の範囲がはっきりしているからです(ジョブディスクリプションが明確になっている)”事に尽きると思います。 雇用契約書の中に、やるべき仕事の範疇が入っており、また会社で管理されている業務を説明する為の業務指示書には、どの部署の誰が責任者で、誰がやるという事まで書いてある事もあります。

日本だと、この仕事はなぜやらないといけないのか?という疑問を持つ事が多く、上司に質問しても明確な説明は無く、やるしかないんだ(!)と力業でねじ伏せられる事も多い(?)ですが、アメリカでは上司に質問すると、出すべき結果は、xxで、こういうやり方にしているのはxxという理由だからと明確に説明してもらえます。 こういう文化は日本にも取り入れて欲しいですね。

結果を出す為に、職場で行われている事とは?

アメリカの企業では8:00から17:00の間で受け持った業務を完遂する為に、必要な能力のある人間をアサインして、明確に職務内容を定義したうえで運用を行っています。ディスクリプションが明確になっているので、出すべき結果が明確にわかっており、その結果さえデッドラインまでにしっかりと出していれば、早く帰ろうが、有給を使って2週間休もうが問題ないという考えのようです。

また意外だったのは、アメリカのビジネスマンが”学び”に対して貪欲な所です。 会社に通いながら大学に通う人も多いですし、仕事中に上司の許可をとって、会社支払いのオンライン講座を受けて知識を増やす事も推奨されています。私の同僚は、朝2時間だけ出社して、その後大学の講義に出てる人もいますが、与えられたジョブをしっかりこなしていれば問題ありません。 私たちも、そういう姿勢は見習わないといけないですね。

もちろんクビもあります…

実は私もクビにされる人を目の当たりにした事があります。 私の会社は比較的優しい会社(?)のようで、今週いっぱいでFireですと予告されて、一週間で荷物を纏めて会社から去っていくという人を何人か見てきました。ただ退職する人と最後に話をする機会が何度かありましたが、クビや転職についてマイナスのイメージは無く、むしろキャリアアップのいい機会という感覚のようです。こういう時の為に、Linked In等を登録しておいて、辞める時はさっと辞めても、すぐに次が見つかったり、自分の元上司からヘッドハンティングされたりするので、あまり問題ないようです。

米国の仕事スタイルのお気に入りポイント_2選

個人オフィス

日本式(左写真)だと机を並べて、全員の顔を部長や課長が見れるような机の配置になっていると思います。アメリカでは一人一人に壁付きの小さい個人オフィス(右写真)が与えられています。個人で仕事する時は一人で集中して個人オフィスで仕事を行い、仲間との連携が必要な時は、会議室に集まって連携を深めます

日本式の机を並べて全員の顔を見ながら仕事をする方式の方が、チームとしての一体感のある仕事ができるという声もあるとは思いますが、必要な時に顔を合わせてチームワークを発揮させればいいので、常に顔を合わせる必要な無いのでは?と思っています

アメリカでの飲み会とは?

アメリカで驚いたのは、まず飲み会は殆どないという事です。日本だと一週間に一回は飲み会ありますよね。 アメリカでは、半年に1回あるか?という所で、誰かをお祝いする時に行われるという感じです。ちなみにですが、歓迎会等はランチで行います

また夜の飲み会も、日本だと一次会、二次会(カラオケ)、三次会(Bar的な所で・・・)で、できれば最後は皆で締めて・・・というのが一般的だとは思いますが、アメリカの場合は異なります、主催者が2時間スポーツバーを予約しておきます。参加者は行きたい時に行って、飲んで、話をして、帰りたい時に主催者に挨拶して帰っていくという自由なスタイルが多いです(たまにお金を払わずに帰る人もいますが、その場合は主催者が支払ってない人の分を払うという事もあります・・・)

皆様の興味のある記事でありますように。Beta

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1987年生まれで、関東の方出身です。現在はアメリカで生活しています。 趣味は英語の勉強、ゴルフの練習(ベストスコア115・・・)、新しい物好きな普通の人です。何でもコツコツやる事と、分析する事が得意なので、皆様に役立つ記事を書く事に情熱を傾けています。