瞬間英作文の活用!:英会話に必要な英文法力の獲得方法

今回の記事では、英語力をつける上で欠かせない能力である”英文法”の鍛え方を纏めて紹介しようと思っています。 実際に私がやった順番を説明していきますので、皆様の参考になればと思っております。 英語を勉強する上で必ず通るのが、英文法ですよね。 分厚い文法書、5文型、穴埋め問題集・・・と聞くと苦手意識が出る人もいると思います。(私もです・・・)

私の周りの英語を話せる人に英文法をマスターした経緯をインタビューすると、意外(?)にも穴埋め問題や文法書を使っている人は少なく、一冊の文法書をざっと勉強した後は、瞬間英作文を軸に勉強する事で英文法をマスターしている人が多いです。短くても一つの英文を作る方が、文法力の強化には大事だという事だと思います。

おススメの英文法書

英語が苦手・嫌い・何度も挫折した・・・という人が、”独学”で勉強する時のバイブル的な本です。この本の最大の特徴は、英語が苦手な人がわかるように”豊富な絵柄を使った解説”があります。また、豊富な練習問題があり、そしてコミュニケーションの為の英文法という視点から現場で使う英語を中心に解説がしてあるという所です。

マーフィーのケンブリッジ英文法 初級編 (TOEIC 500点以下の方へ)


マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)第3版 (Basic Grammar in Use)

書籍名 マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)第3版
出版社 Cambridge University Press
定価 2,894円(税込み)
発売日  2016年10月1日
書籍の紹介 全部で116 Unitsと相当ボリュームがありますが、英語を中学1年生で挫折した人を救うべく(?)、基礎の基礎からスタートして、最終的には中学英語はもちろん必要最低限の英文法を網羅的にマスターする事ができます。瞬間英作文を勉強する前の文法知識の総整理や、英会話の第一歩の教材として最適な教材だと思います

 

マーフィーのケンブリッジ英文法 中級編 (TOEIC 500点超えの方へ)

 


マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)第3版

書籍名 マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)第3版
出版社 Cambridge University Press
定価 3,260円(税込み)
発売日  2017年2月1日
書籍の紹介 全部で142UNITあります。現在進行形から勉強がスタートするので日本人的な感覚だと不思議かもしれませんが、わかりやすい構造になっています。UNIT1-24までが時制関連で、25-35が助動詞関連・・・と解説が進んでいきます。本書をマスターすれば、英会話や英文メール、TOEICなどでは文法が全くわからなくて困るという事は、ほぼ無くなります

この本の勉強方法

私は、この本にどハマりして前からUNITを終わらせていきましたが、同じやり方をすると高確率で挫折する人が多いと思います。この本をトライする時のおススメ勉強法は、気になるユニットから挑戦してみるという方法です。また練習問題ですが、1週目は答えを見ながら問題を埋めてしまってもOKです(答えを埋めながら、なぜこの文章になるのか?を左の解説を参照しながら正しく理解する作業の方が重要だからです。英語は考えるより、理解して解いた分量がモノをいうので)

最終的には全UNITを解き終えた方が良いと思います。全部解き終えた後は、左ページの解説の中にある例文を毎日5 UNITづつ音読して、解説を参照しながら記憶を深めていきました。英語の参考書をトライする時は、一周で覚えようとせずに、何週も繰り返して”同じ英文に出会った回数”を増やして理解していく方が効率的です。

個人的には両方やる必要は無いと思います。どちらかを使って英文法を理解した後で、すぐに瞬間英作文に入った方が英文法を理解する観点から良いと思います。マーフィーのケンブリッジ英文法シリーズは学習を終えた後は最高の辞書替わりになるのでおススメの一冊になります。

Essential(TOEIC 300点~)

英文法を定着させるのにもっとも適切な方法が”これから紹介する”瞬間英作文”です。英語力に自信がある人は、Essentialレベルは飛ばしてしまっても良いかもしれませんが、どんどん話す為の瞬間英作文は、試しにトライしてみてもいいかもしれません。私の場合は、基礎の見落としがチョコチョコあったので再度復習するという意味でも、ざっと解いてみて損はないかと思います。

99パターンでわかる中学英語文型の総整理


99パターンでわかる中学英語文型の総整理

書籍名 99パターンでわかる中学英語文型の総整理
出版社 学研教育出版
定価 1,296円(税抜き)
発売日  2009年10月27日
書籍の紹介 初めて瞬間英作文を勉強する人や、英語が苦手な人には、本書から勉強する事をおススメしています。見開きで、左の解説が簡潔で絵柄等でわかりやすく説明をしている事と、瞬間英作文の問題が6問と少なく、1文1文が短く、また簡単な単語を使っているので、挫折せずにやり抜ける一冊です

どんどん話すための瞬間英作文


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

書籍名 どんどん話す為の瞬間英作文トレーニング
出版社 べれ出版
定価 1,800円(税抜き)
発売日  2006年10月25日
書籍の紹介 瞬間英作文という概念を日本の英語業界に紹介した本です。英文が99パターン~より長く少々レベルが上がりますが、基本的には簡単な単語と中学文法を使って文章を作るというコンセプトで教材が作られています。英会話で使うには不自然な文章がありますが、使ってみると普通に通じますので特に気にしないでOKです。個人的には英文の思考回路を作る為にあえて、そういう文章にしているのかな?と解釈しています

Intermediate(TOEIC 500点~)

瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓


瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓

書籍名 英会話フレーズ大特訓
出版社 Jリサーチ出版
定価 1,400円(税抜き)
発売日  2011年10月01日
書籍の紹介 全部で90UNITに分かれています。定型フレーズ編、文法活用編、日常会話編と各30UNITづつ分かれています。特に定型フレーズはアメリカ生活でしょっちゅう使うフレーズが纏まっていて、ここだけでもトライする価値があります。これを3周回す頃には、まったく話せないという事は無いと思います。 私のやり方はシンプルに、各編を3週づつ回しました(30UNITx3週、30UNITx3周、30UNITx3周)という流れで勉強しました。毎日2UNITづつ進めるペースでOKだと思います。 英会話を最低限スムーズにできるようにするという視点から見ると、本書は一つのゴールになるかもしれません

会話できる英文法大特訓


会話できる英文法大特訓 CD付

書籍名 会話できる英文法大特訓
出版社 Jリサーチ出版
定価 1,400円(税抜き)
発売日  2012年10月01日
書籍の紹介 全80UNITで構成されていて、必要な英文法が網羅されており、英文法をマスターする際の一つの到達点だと思っています。この絵柄からは予想できませんが、内容は骨太で相当難しく、私の場合はTOEIC700点を超えたあたりからやり始めました。(その前にトライした時は挫折・・・) 意訳や主語の省略が多くてわかりづらいので、ガンガン日本語の欄に主語や言葉を書き足して使っています。また難しい英単語が出た場合は、日本語の下に英単語を書き込んでしまったりして瞬間英作文をやりやすいようにしています(例えば、”派手”の下に下線を引いて”Showy”と書いてしまう感じです)

Advance(TOEIC 800点~)

ドラゴンイングリッシュ


ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

書籍名 ドラゴンイングリッシュ 基本英文100
出版社 講談社
定価 1,400円(税抜き)
発売日 2005年9月21日
書籍の紹介 会話できる英文法くらい”必要な文法が網羅”されていて、”周回しやすい例文数””ネイティブチェック済み”の本を探そうと思って探していた時に発見したのが、ドラゴンイングリッシュです。1週目は2個づつ瞬間英作文を行いました。本数を減らしたのは、解説がしっかり書かれているので理解したかったからです。慣れてきてからは、毎日10個づつ瞬間英作文をして、10日で1周を返していくスケジュールになるかと思います

 

おまけ

英語耳


英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

書籍名 英語耳
出版社 アスキーメディアワークス
定価 1,728円(税抜き)
発売日  2010年8月12日
書籍の紹介 英文法とは関係ないですが、せっかくなので外国人と話をしたいですよね!そんな時に正しい文法を、完全に通じるようにするために必須なのが”正しい発音”です。30分で1周できるので、隙間時間にさっと勉強できる所もおススメです。1日30分発音勉強するだけで外国人に通じる発音が手に入るのであれば、英会話の教室に通うよりコスパも良いですよね!

 

皆様のお役に立つ情報が入っていますように。 Beta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1987年生まれで、関東の方出身です。現在はアメリカで生活しています。 趣味は英語の勉強、ゴルフの練習(ベストスコア115・・・)、新しい物好きな普通の人です。何でもコツコツやる事と、分析する事が得意なので、皆様に役立つ記事を書く事に情熱を傾けています。