TOEIC500点の壁の突破~700点到達まで

TOEIC500点からTOEIC700点まで点数をあげる際に使用していた参考書と勉強法をシェアしたいと思います。当時英語の参考書を大量に買い込むも500点の壁に直撃し空回りし始めていました。そんなある日意を決して大量の本を断捨離し、繰り返し復習できそうな参考書を1冊づつ選んで、とにかく使い込むという作戦に切り替えた事でTOEIC700点を突破した事を覚えています。

使った資料は3種類だけ。単語帳は使わず、あくまで問題集の中で出たわからない物だけを復習する戦法を取りました

・リスニング  :サラリーマン特急新形式リスニング

・リーディング :新TOEIC TEST文法 特急

・TOEIC    : TOEIC公式問題集

リスニングの勉強法


TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング (TOEIC TEST 特急シリーズ)

書籍名 新TOEIC L&R サラリーマン特急新形式リスニング
出版社 朝日新聞出版
定価 821円(税込み)
発売日  2016年11月7日
特徴 CD無し(音声ダウンロードあり)
おススメポイント 著者コラムが充実している。難易度がちょうど良い

 

サラリーマン特急を毎日仕事から帰って”夕飯前”に問題を一問解きます。その問題が正解だった不正解だったか?は置いといて(出来なくて当然なのですが心が折れるので)、すぐにスクリプトを確認します。スクリプトを見て、全然聞き取れなかった単語に蛍光ペンでマークします。始めた当初はマーク塗れになりますが気になさらず。 その後、一つのスクリプトを只管毎日50回程度音読します。3か月くらい毎日継続すると、途端に聞き取れる内容が増えて点数に直結していきます。6か月経つ頃にはL=350点程度で安定していきます。このくらいから成績が上がらくなってみますが、継続して1年程度続けると本当の力になると思います。

リーディングの勉強法


1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

書籍名 新TOEIC TEST文法特急
出版社 朝日新聞出版
定価 821円(税込み)
発売日  2009年10月7日
特徴 CD無し(音声ダウンロードあり)
おススメポイント 問題数が118問と少ないが解説が充実している(挫折せずに一冊やりぬける)

Part5.6 対策では、文法特急を使い何週も繰り返しました。 この本だけでは問題数が少ないのでは?と思っていましたが、解説が充実している(具体的には、全部の肢に対して何故正解か?間違えているか?説明がある)ので問題ありません。 5週目までは、普通に答えを解いていき、6週目以降は全ての肢が、なぜ正解か?不正解か?を自分に解説するようにして解いていきました。このように解く事で、問題数x4倍の価値がある使い方にできると思っています。 慣れてくると1日で1周できるようになりますが、勉強開始時は1日1章を目標にしてトライしていました。

公式問題集


TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

書籍名 TOEICテスト公式問題集
出版社 ETS
定価 3,024円(税込み)
発売日  2016年2月18日
特徴 CDあり
おススメポイント 本番と同じナレーターの人が声を吹き込んでいる。

 

上の勉強はDailyの勉強で、テスト直前は公式問題集を使いました。

①時間を図って問題を解く(できれば土日でTOEICテストと同じ時間に)

②間違えた問題を復習するです。

ポイントですが、間違えた問題の復習の仕方です。 リスニングに関しては、ミスした理由を分析して ”知らない単語が起因なのか?” ”ナレーションの人の声が起因なのか?”を分析して、只管間違えた問題を音読する作業を繰り返していました。この際に、ナレーションの人の声の発音の特徴や言い方を徹底的に真似する事で、本番ではその人の声を聞き取るプロフェッショナルになっていると思います。リスニングの方がスコアに直結しやすいので、リスニングは徹底的に復習するのがおススメです。

リーディングに関しては、間違えた問題を復習し、知らない単語を発見したら徹底的に潰していくという程度の復習で問題ないと思います。Part5.6の速度を上げるには、上で紹介した文法特急の周回を増やす方がスコアに直結していくと思っています。

英語の成績向上の仕方について

TOEICの成績ですが、階段方式に点数が上がっていく感じがします。なだらかに点数が上がらないので、途中で挫折してしまう人が多いのですが、400点の壁、600点の壁・・・と点数ごとに壁があり、いきなり点数が急激に向上します。 諦めずに継続すれば必ず結果が出るのが英語を含めた勉強の良いところですので是非頑張ってみてください。

私は英語力が向上しない時は、圧倒的分量を解く方法(100%やってダメなら、120%にしてみる作戦)で、音読回数を2倍にしたり、または1か月程度勉強を一切せずに放置してみるのもいいかもしれません。どんなに好きな食べ物でも、同じ物を延々と食べるのは大変だと思いますので、たまに別の事をやって英語に戻るのもありだと思います。意外に忘れていない自分に気づいて、やる気がでると思います。

皆様のスコアアップに使えそうな情報が少しでも入っていますように。From Beta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1987年生まれで、関東の方出身です。現在はアメリカで生活しています。 趣味は英語の勉強、ゴルフの練習(ベストスコア115・・・)、新しい物好きな普通の人です。何でもコツコツやる事と、分析する事が得意なので、皆様に役立つ記事を書く事に情熱を傾けています。